Top page > Blog
ブログ

GSX-R1000Rステップ製作

2017-09-26 08:21:08

新型のGSX-R1000Rのブルーも登場しました。

先のブラックはテイクアップさんからお借りしており、これからテイクアップさんの手により、レーサーになっていきますので、これらのパーツはフレーム、エンジンを除いてはほとんど使わない状態になるでしょうが、こちらのブルーの車両はストリートでこれから使用しますので、いろいろとパーツを開発していく予定になっております。

早くもシングルシートカバーを着けちゃいました~

こちらの田村選手仕様はすごーくバックのすごーくアップの絶対ストリートだったら窮屈すぎるでしょ?と言うポジションでの製作。

これでも実際にサーキットを走らせてみると、もっとこうしてあーしてと言ってくるに違いないんだろうなー(泣)

シートも高さ、硬さ、タンクの形状、ハンドルの角度、高さ、そのマシンの前後の荷重におけるライダーの乗る位置などなどで、ステップワークのポイントは変化しますので、それごとのステップポジションはとても大事だから仕方ないですね。

こちらはストリートでの使用を考えたポジションで作ったものです。

ありがたいことにこのGSX-R1000はABSでもマスターシリンダの可動量がそれなりにありますので、ポジションの設定も無理なくできました。

大変なのがシフト側、大きなウォーターポンプと大きなオートシフタースイッチが邪魔をしてシフトペダルの軸の取り出し位置がノーマルのままだと逆シフトにできなくなりますので、シフトペダルの軸になるベースブラケットをオリジナルで製作しました。

これで正シフト、逆シフトが両方使えるようになりました。 しかもそのピボット位置を高くポジショニングさせることでバンク角対策にもなりますので一石二鳥です(しかし、ブラケットを作るのは大変になりますので、一石二鳥マイナス一鳥で一石一鳥ですね)

 

同時に作業していますGSX250Rのステップも悩みながらも進行しています。 もうじきプロトタイプもお見せできると思いますのでこうご期待です。

 

 

ページトップへ