Top page > Blog
ブログ

ビモータdb1リアサスOH

2018-01-17 07:20:20

ビモータdb1のメンテナンスです。

オーリンズのリアサスは長年メンテナンスしていなかったので本体と油圧のプリロードアジャスター共にOH。

いつものようにスプリングの自由長などを測定してから再度組込みます。

そして、組付け後にプリロードの数値を確認してから車体に。

すっきりした印象のフロント周りとは対照的にたくさんのパーツが密集しているリア周り。

プリロードアジャスターやコンプレッションのアジャスターの取り回しも複雑で、サスを組むとこのようになりました。

テールカウルの中には何も入る構造になっていないから仕方ないですね。

ちょっと見えにくいけど、オイルクーラーの位置を変更するために、ステーを一度切除してから新たにステーを製作して溶接し直しました。

元のステーは貧弱でしたし、ダンパーも小さいものを使用していて頼りなかったので、しっかりしたものに変更しています。

ビモータフレームとドカティエンジンの組み合わせがカッコいいですね~

あとはおざおざにお願いしているステップパーツの製作で完了する予定です。

だけど、おざおざさん、作業待ちの量が凄すぎて可哀そうな状況になっておりますので、もう少しかかりそうですね。

ページトップへ