Top page > Blog
ブログ

オーリンズシングルショック延長ブラケット

2018-02-04 09:16:00

オーリンズシングルショックの延長ブラケットの製作

これ以上リアの車高を上げるとリンクが戻り過ぎて本来狙った動きをしなくなるし、フロントが立ってしまい、ハンドリングが悪くなるから絶対にやめた方がいいと説明しているのに、オートバイの見た目がもっとリアが上がっている方がカッコいいからと(自分は理にかなっている方がカッコよく見えると思うのだけど…)、何度も止めてあげたにも関わらず、それでも上げてと依頼されて、渋々製作したGPZ900R用のブラケットです。 

もともとは奥にある方を使用しており、それの一番長くなるところで乗っており、新たに作ったブラケットの一番下にすると同じ位置になるように設計しましたので、実際に乗ってみて、やっぱり下げようと思った時には元のブラケットで同じところからセッティングをスタートできるようにしました。

リアサスのシャフトはオーバーホールに合わせてゴールドにチタンコーティングを施しました。

スプリングはイエローからブラックにペイントです。

通常はこんなにしてしまうとスイングアームが垂れ過ぎてしまい、動きも残念なことになってしまいますけど、この車両の場合はスイングアームピボットを下げる加工をしておりますので、前回まではその心配はなかったのですけど、更にサス長を伸ばすとなると、フロントを含めてセッティングを再考する必要がありますが、フロントを高くすると、「リアが上がったように見えないんですけど…」 と、クレームがつくかもしれないので心配ですね。 やっぱり、良い状態で乗るためにはショップの提案を受け入れた方が賢明ですね。 

なーんて、ネガティブなブログを書くと、心配になって電話してくるのはやめてね、伸也君!

ページトップへ