Top page > Blog
ブログ

Z900RSウッドストックオリジナルパーツ

2018-02-25 03:15:51

Z900RSのウッドストックオリジナルパーツ製作です。

いつのながらこのようにオートバイ全体で見てみると、一体どのパーツを作ったの? というくらいに決して目立つことなくマシンに馴染んでいますね。 それが良いのだと敢えてそうしているのですけど。

まずはウッドストックといえば的なライディングステップ。

大事なポジションはといいますと…

このブログ、ただいまとっても深夜に自宅にて書いているところですが、ポジションのデータを会社から持って帰っておらず解りません…

えーっとですね…  確か20㎜バック、20㎜アップがベースで35㎜アップ、35mmバックまでの5ポジションの設定のはずです。 はずって、どんだけ適当なんでしょうね? ごめんなさい、 まあだいたいそれくらいのやさしいポジションです。 だいたい…

ブレーキホース、ブレーキスイッチなどはノーマルのまま、他のパーツを用意することなくボルトオンにて交換が可能となっています。

こちらはシフト側。

エンジン、フレーム、スイングアームまでブラックですので、ステップもブラックにすると、本当に馴染み過ぎなくらいになりましたね。

ですので、シルバーの設定も作る予定にしています。

こちらもウッドストックの定番となりつつあるライセンスプレートホルダー。

何ピースものパーツを削り出してボルトで接合するという構成にしていますので、高級感があり絶対にお勧めなのですけど…

このような種類のパーツはナンバープレートが希望の位置にくれば、そのステーの作りにはこだわらない方が多いようでして、なかなかうちのような高価なものは理解できないかもしれませんけど、こんな脇役的な部品に品格があるとオートバイはグッと引き締まりますので、マフラーやホイールやサスペンションなどのような大きなパーツを豪華にするよりもお洒落になると思うのですが、いかがなものでしょうか?

こんな風に下から覗きこまないとそのこだわりは見ることはできません。 それでも見る人が見ると、「良いものをお召しですね?」 というようなお褒めの言葉をいただけると思います。

そして、エンジンハンガーブラケット。

こちらは大きい方のブラケットが2ピース仕様になっておりまして、今後1ピース仕様も製作予定になっています。

1ピースで作ると高価になるのが問題点、どのような形状にしたらよいのか考え中です。

パーツ開発のためにこのZ900RSを貸していただいておりました、カワサキショップリアルさんと当マシンのオーナー様には貴重な新車を長期お預けいただきまして、大変ありがたく感謝しております。 

Z900RSに関しましてはこれら以外にもパーツ開発を続けていきたいと思っていますので、今後もご期待していただきたいです。

正確なポジション等の仕様、金額などにつきましては、HPにてラインナップを追加することでお知らせします。 しかし、これも時間がかかったりするのが困ったものでして、気になる方はメールかお電話していただけましたらありがたいです。 ただし、なにぶん少人数で忙しくしており、メールなどもスピーディーに対応できませんので、いつかは返事が返ってくるだろうくらいにしか思わないでくださいませ。

本当に慌ただしく、全てを完璧にはできませぬ…(泣)

時間が欲しい…

ページトップへ