Top page > Blog
ブログ

Z750FXエンジンオーバーホール

2018-04-30 22:22:05

Z750FXのエンジンオーバーホールです。

オイルの消費が多いということでエンジンを分解、各部の測定をしてみると、シリンダスリーブの摩耗、変形が見受けられ、スリーブの製作、入替え、ボーリングの作業で復活させることになりました。

ピストンメーカーの指定ではボーリングオンリーにはなっていたとしても、実際にスリーブの厚みに余裕がないとこのようになる確率は高くなりますので、スリーブの厚みをしっかりと確保できるようにサイズを設定して入替えをしないと安心できません。

このシリンダ本体のボーリング、スリーブの加工、入替えまではウッドストック工場(おざおざサティアン)、ミッドウエストレーシング(よっしーガレージ)という身内の内製で行っていますので、細かい設定まで自己管理できて大変良い仕事が行えています。

シリンダヘッドの加工も面研磨、バルブシートカットも内製で思い通りに。

バルブシートカットが終了すると、きちんと密着しているかどうかを測定機を使って確認します。

数値が出ていない場合には更に丁寧にシートカットを施して、しっかりと密着して数値が上がるまで作業をしています。

シートカットを適当にして擦り合わせでごまかすようなことはしませんので、無駄にバルブを痛めることもありませんし、密着していればそもそも擦り合わせという作業自体が必要ありません。 シートカットは当たり幅、当たりの径を細かく測りながら丁寧に作業を施さないといけない重要な項目になりますね。

シリンダヘッドの面、バルブシートの面を綺麗に研磨して、新品のバルブを組んでリフレッシュしたところです。

以前にハイカムを組み込む際にバルブタイミングを測定、調整していましたが、シリンダ、シリンダヘッドを面研磨していることから、再度バルブタイミングを調整しています。

エンジンの組付けが完了しても天敵のCRキャブレターと格闘しないといけないので、ドキドキでしたけど、エンジンがしっかりするとキャブレター調整の許容範囲も広く、天敵との格闘どころか思いのほか仲良くすることができました。

とは言え、どんなに丁寧な仕事をしても、旧車の納車はいつも胃が痛くなり、何事も起こらないでねと祈りながらの納車となってしまいます。  まだまだ何機も旧車のエンジンの作業が待ち構えていますので、気を引き締めて頑張っていきます。

 

ウッドストックは5月3日から6日までお休みをいただきますので、宜しくお願い致します。

2日は早めの店じまいになるかもしれませんのでお越しの際にはお電話などでご確認くださいませ。

ページトップへ