Top page > Blog
ブログ

Z1000JとかZX-7RRとかZRX1100とかZ1000MK2とかいろいろ作業

2018-10-14 00:15:02

エンジンのオーバーホール、フレーム補強、ペイント、ウッドストックオリジナルパーツの製作などなど、たくさんのメニューをこなしているZ1000Jです。

このように素っ裸からパーツを組んでいく時にも、リアの車高が高くてキャスターが立ってそうだから、フロントがフラフラするんだろうな、とか、動作を与えた時にまずはフロントから動くはずだ、などなどいろんなことを考えながら作業を進めています。 というようにオートバイを見たり、触ったりするといろんなことに気付くものでして、すぐにキャスター角を測定したり、PCを測定したりするところはもはや病気のレベルですね。

そんな自分の動きとは裏腹におざおざは自分が製作したワンオフパーツを組んで確認しています。

こちらはこのZ1000J用に作りましたフロントフォークスタビライザー。

5ピースで構成されています。

フォークに組付けるとこうなりました。

久々にスタビを作りましたが正立フォークのネイキッド車両には似合いますね。

こちらは懐かしのZX-7RR用に製作しましたライディングステップキット。 こちらはワンオフではなくラインナップにあるものですけど、そうは言っても今となってはレアな車種ですので、たくさん作り置きしているものではなく、久しぶりに作った感じです。

そんな製作ものを進めている間に私はといいますと、いろんなオートバイのいろんな不具合を解消するために日々戦っておりまして、長期放置していて、ずいぶんと残念なことになっている悪臭漂うキャブレターや、別のキャブレターや、そのまた別のキャブレターの攻撃にノックアウトされ続けています(泣)

腐りかけたノーマルキャブレターを修復したり、OHしながら違う車種に移植するためにTMR/MJNキャブレターの設定を変更したり、やってもやっても変な症状が改善されないCRキャブレターにいじめられたりして、ますますキャブレターが嫌いになりそうなくらい修行が続いています(大泣)

そして、一難修復するとまた一難やってくる旧車もどんどん入庫して、どんなに頑張っても治らないのではないかと思われる車両が溜まってきてしまい、またしても狭い店内は見動きがとれないくらいの状況になってしまっています。 現在、急ぎの方は対応がかなり難しくなってきておりますので、気の長ーーーい方のみ受け付けしていますので、どうぞよろしくお願い致します。

ページトップへ