Top page > Blog
ブログ

Z900RSウッドストックパーツ

2018-11-10 08:31:12

ウッドストックオリジナルのZ900RSパーツ。

商品開発時にもいろいろと書かせていただいてはおりますけど、さすがに最近では珍しい人気車種ですので、改めてのご紹介です。

商売、商売!!!

外装がブラックなモデルはウッドストックパーツに交換されてもどこが変わったのか解りずらいですね。

そんな解りにくいのが良いような気がしますがいかがでしょうか?

よーく見るとステップとエンジンハンガーがウッドストック製になっております。

シフト側のステップ。 

ハンドルやシートとの兼ね合いになりますポジション、オートバイを乗ることに対してはとても大事なパーツですので、かなり拘って作り込んでおります。 これまでいろんな作業で入庫してきたZ900RSはバーハンドル、セパレートハンドル問わず、みんなハンドルが低いものに交換されていました。 このようなハンドルのポジションが変わるとオートバイに乗る時の姿勢や前後荷重は大きく変わるものです。

その時にシートの高さや幅、ステップバーの位置により加重、抜重のしやすさは変わります。 オートバイの操作を右手(スロットルとブレーキ)と左足首(ギアチェンジ)だけでするライダーにはあまり関係ないかもしれませんけど、自分の体全体を使ってマシンを動かそうとすると、この辺のパーツの重要性が解ってくると思いますので、自分で走らせることを意識しつつ、オートバイに乗っていただいてオートバイやパーツの評価をしてもらいたいと思います。

このZ900RS用にはこちらのシルバーのバージョンも設定しております。

この写真はベータチタニウム製のチタンボルトの仕様ですね。

ブラック仕様も綺麗な写真で見てくださいませ。

やってもやらなくても性能には関係ないのに、見えないこんな裏側も加工して軽くなっています。

ベータチタニウムボルト仕様

こちらはウッドブラウンというカラーのバージョンです。

黒と茶の組み合わせはちょうど秋から冬の季節にぴったりで好きな組み合わせです。

地味なパーツだけど、ライセンスプレートステーもマシン全体の印象を変えてくれる大事なパーツ。

裏側からチラリと見える部分に真面目に削り出したパーツが装着されているとお洒落さんに見えますぞ。

ただし、この部品に交換しても速くはなりませんので、お気を付けくださいませ。

ページトップへ