ホンダ CBR1000RR-R ライディングステップ開発!

CBR1000RR-R

モノ作り

バックステップ

ライディングステップ

CBR1000RR-R(Rの数、合ってる? まあ、Rがたくさんついている新型のです)のライディングステップの開発をしています。


こちらがお借りしている新型のレースベース車両のCBRです。

ブラックの外装がスパルタンでカッコイイですね。 

噂では世代が一足、二足先に行ってしまっているとのこと。 
それではウッドストックも少しは進化しないとかっこうつかないので、と言う程たいしたことはありませんけど、少ーしだけ新しい仕様でリリースしようと計画しています。


でも、それまでのやり方は変わらず、古風なまんまでプレートにたくさん穴を開けて、どのポジションだとどんな印象になるのかをまずはマシンが静止したままの確認作業をしていきます。 

直線でのニーグリップでの膝や太ももの位置、そして、その時の背骨の曲り方や腕(手首やヒジ)の曲り方、左右バンク時の膝の角度、足首の角度、ステップバーへの踏ん張り感など、いわゆるフットレスト(足置場)的な考え方ではなく、積極的にマシンを操るために必要となるポジションを探る作業を模索します。

もうしばらくするとナンバー付きの市販車がやって来ますので、実走行して更に設定し直す予定にしています。


こちらが暫定の図面。 ポジションの可変のネジ穴がたくさんあるのは自信の無さの表れですね~

ベースの位置からステップバーまでの距離がありますので、プレートの板厚は厚めにしないとひわりそうですね?

ペダルの形状が少しだけ変わり、可倒式のペダルバーをオプション設定する予定にしています。

数少ない貴重な(物好きな)数人のウッドストックファンの方(ここで皆皆様と数多い複数形にできない自信のなさ…)、期待せずに(楽しみにと言えない自信のなさ…)お待ちくださいませ。


この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

Related Products関連商品

関連商品はありません。