オーリンズFGRフロントフォーク

サスペンション

オーリンズFGR800です。

150万円もするレーシングフロントフォークを延長してしまうパーツの製作依頼。

元々は全日本選手権や鈴鹿8耐で使っていたであろうこのフォークをネイキッドマシンでも使える長さに仕様を変更するには、まず全長をノーマルフォーク付近に合わせなくてはいけません。 

どんなに高性能なサスペンションでもジオメトリーが適正でないと、ノーマル状態よりも走安は悪化してしまいます。 まずは動き方より先に高さですね。

それにしてもこのガスフォークをネイキッドに組むなんて…
なんという贅沢なのでしょうね? 

woodstockのブログ

たまたまウッドストックにFGR200がありましたので、一緒に撮影。

同じシリーズですけど、ずいぶん形が違いますね。

毎年のように、このモデルを進化させて、リリースしているオーリンズ社って凄いですね。

新しいアイデアを考え出して、それを形にできる能力は凄いと思いますし、しかもそれをもの凄いスピード感覚で進化できることはほんとに素晴らしく、自分ももっと頑張らねばと思わせてくれる、素敵な会社です。

woodstockのブログ
フォークボトムのブラケットの形状がずいぶん変わっていますね。

造形美にあふれたカッコいいパーツです。 機能を追及していくと、美しくなっていくと思うのは自分だけでしょうか?

やっぱり、オートバイにおいて機能美は必要ですね。



アウターチューブのデザインも年々変わっています。

この形状の変化で剛性感が違うのでしょうね。 見てるだけでも勉強になります。

woodstockのブログ



この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

Related Products関連商品

関連商品はありません。