CBR1000RRバルブシートカット

CBR1000RR

CBR1000RRのオーバーホールです。

シリンダヘッドは綺麗に掃除しましたらバルブシートをシートカッターで研磨します。

この作業は圧縮を逃がさないためのとても重要なものでして、その昔に厳しい先輩方にきっちりとしこまれましたので、内燃機業者さんに頼ることなく自分で真面目にやっています。

バルブシートをカットしては光明淡で当たり径と当たり幅を確認しながら最小限の削りですむように丁寧に仕事をしないといけません。

しかし、この光明淡がきちんと付けば良いとされているのですけど、自分的にはそれだけでは十分とは言えないところがありますので、きちんと機械でエアを引っ張った数字で密着度合を測定しています。 これをするといかに光明淡だけの確認作業だけでは不十分かが分かりますので、今のウッドストックにはなくてはならないものになっています。 これで数字が出れば当然すり合せをする必要がありませんので、新品のバルブを痛めることもなくなります。


数字が出ていないとシートカットをやり直し、また測定して数字で確認してという繰り返しで成功率を高める作業をしています。

このCBRもばっちりで、圧縮が漏れることなく、不要にパワーを失うというようなことがないシリンダヘッドになりました。


これをしないからパワーが出ないとかといったことはないのかもしれません。しかし、これをしておくと成功率が上がる (= トラブル率が下がる) というような作業をたくさん上乗せすることで、より安心して動かせるエンジンが出来上がると信じて余計な(でもないかな?)手間のかかる作業をコツコツやっております。



この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

Related Products関連商品

関連商品はありません。