スイングアームエンドブラケット製作(GSX-R1000R)

GSX-R1000R

ワンオフ作業

GSX-R1000Rのスイングアームのドライブチェーン引き部分のブラケットをワンオフにて製作しました。

もうずーっと待っててくれていましたこちらのパーツ、「そろそろいかがですか~?」 と、おざおざさんに貢物までしてくれて いたのにもかかわらず、それでも順番が回って来なくて、こんなに温かい時期になってしまい、本当にごめんなさい。


こちらはテイクアップの田村選手が使うレーサー用にテイクアップさんのお客様が設計、3Dデータを作ってくれて、それをウッドストックで加工させていただきました。


やはりいつものことながら、見えなくなる内側を3D加工で凝ってしまうところがお洒落なのであります。

これにより、見た目ではかなりゴツく見えるブラケットもかなり軽く仕上がりました。


で、溶接は誰がするの? と心配していましたら…


「完成しましたよ~」 と、写真を送ってきてくれて、「えー~っ、もう出来てるじゃんか~、しかも田村選手が自ら綺麗に溶接してるし…」

そうか、テイクアップさんは耐久タンクとかたくさん修復してるから、溶接上手だったのでしたね。


この部分の作りかた(デザイン)によっては、スイングアームの剛性感が変わってくるでしょうから、実際に走行してみて、どう変化が出るのか楽しみですね?

ライディングステップはウッドストック製を使っていただいているのが嬉しいです。

転倒しませんように。


この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。