耐久フューエルタンク用部品製作

耐久レース

フューエルタンク

ZX-10RR

カワサキ

耐久レース用アルミタンクの給油口ベースプレートの製作です。
例年であれば、もうこの時期には鈴鹿8耐レースは終わっているはずなのですけど、開催が大きく遅れることになりましたので、今時期にこのような作業をしている次第となっています。


鈴鹿8耐の常連チーム様の破損してしまった耐久タンクの補修のために給油口のベースをワンオフにて作りました。
このパーツは寸法違いで、これまで何度か作ったことがありましたけど、作る度に細部がバージョンアップしています。

別にそんな要望があるわけではありませんけど、なんとなく、次はこうしよう、あーしようと、考えるのが楽しかったりするものでして…


表側は変わっていないのですが、裏側はご覧のようにたくさん肉抜きを施して、せっかくの軽いアルミタンクですので、こんな部品でも軽量になるように工夫しています。  
あとは、給油口を固定するボルトが貫通していると、ネジ山を通してガソリンが染み出てくるといけませんので、裏側に貫通しないように袋形状にしています。


給油口を取り付けるとこんな感じです。 

ベースプレートの剛性をしっかりしたものにしないと、知らない間に給油口とプレート間の密着が緩んでしまい、満タンにした時(給油装置で圧力をかけた時)に漏れるといけませんので、きちんと設計しないといけません。


こちらがなかなか見ることのない裏側の景色です。


ウッドストックの役割は、この凹みを補修するための削り部品の担当です。
これから先はタンク修正職人のテイクアップさんで、叩いたり、溶接したりして、レースで使えるように補修作業をしていきます。


レースの参戦から遠のいているウッドストックですので、このように少しでも関わらせていただくことで、レース気分を味わえますので、とてもありがたいですね。
多くの皆様が楽しみにしているレースですので、無事に開催されることを祈っております。


この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

Related Products関連商品

関連商品はありません。