CB1000R(2018-2020)用のライディングステップ(バックステップ)の開発をしました~

CB1000R(2018-2020)用のライディングステップの開発をしました~


新型のCBR600RRに続きまして、CB1000Rとホンダが続きましたね。
戦闘的な車体のデザインに負けないようなステップになるように頑張って作ってみました。


ポジションが後ろ方向になるとサイレンサーとのクリアランスが狭くなってしまい、ブレーキペダルやリアブレーキマスターシリンダの置き場所に苦労しましたが、なんとか狭い面積の中に各パーツを集約できました。
生産の効率を考えたら共通部品で設計した方が良いはずなのですけど、より良い方向に導こうとすると、いつも専用設計のパーツばかりになってしまいますね。


更に悩ましかったのがこちらのシフト側。
正チェンジ、逆チェンジに対応するためにCBR600RRの時にもそうでしたが、リンクを設けるために、リンクを装着するベースブラケットを専用で設計しまして、リンクもCBR600RRで作ったものは使えず、こちらも別の仕様で対応することになりました。
あとは何と言っても心配なのが、採寸や基本的な図面を描いているのがおざおざではなく、私だということでしょうか?
とは言え、装着して試乗してみると、フィーリングはすこぶる良く、とても操作しやすいライディングステップとなっていました。

はるばる大阪から広島まで乗って来ていただき、そして長期にわたり車両をお貸しいただきまして、そして、また広島まで引取りに来てくださり、大変大変ありがたく、感謝しかございません。


この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。