CBR1000RRエンジンOH

CBR1000RR

CBR1000RRのエンジンです。

先日のブログでサービスマニュアルに表記してあるメタルの厚みの選択と実際に測定してから選択する方法のことを書きました。 測定した値により実際のクリアランスがどうなのかを確認するためにプラスチゲージを用いて測定してみます。



プラスチゲージを置いて実際にクランクケースにクランクシャフトを組み付けます。

決められたトルクで組んだらすぐに分解します。せっかく組んだのにもうバラすなんてもったいないですね~



糸のような物体の潰れた幅でクリアランス測ります。

クランクシャフトとコンロッドも同様に決められたトルクで組付けてからすぐに分解します。

結果としてはもう少しクリアランスを詰めたいのでやはり刻印からのマニュアルの表よりは測定値ありきでメタルを選択しようと思います。 使用していた中古メタルの当たり具合もきちんと観察して決めてますのでご安心を。

事前の準備が9で組付けは1くらいの割合で準備が大事ですね。



この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

Related Products関連商品

関連商品はありません。