ステムのワンオフ製作

モノ作り

またまたステムのワンオフ製作

CB1300SFに続いてはNinja1000用のステムです。

CB1300のトップブリッジは下方向へのオフセット形状でしたが、こちらは上にオフセットしてあるウイング形状です。 

裏側の加工はこんな感じです。 アンダーブラケットの加工には大きな違いはないのだけど、トップブリッジに関してはバーハンドルを取り付ける部分がないのでざっくりと3Dで肉抜きしてあります。

↑↑↑ こちらがCB1300SF用 バーハンドルを取り付けるためのボルトが通るためのボス部分とそれを支えるリブがあり、全体的には剛性が高くなるようなデザインになっています。

たまたまステムのアルマイトが一気に仕上がったのでなんとなく写真を撮りました。

オートバイのカスタム、またはレースでのセッティングアイテム(? というよりは大事な骨格ですね)の中でステムの重要度はとても高いパーツなのですけど、サスペンションやホイール、マフラーといった主力選手ほどは注力されていないのかな? というパーツです。 ですけど運転中にはいつも見えている部分ですし、その数値はオートバイのハンドリングを左右するもの凄く大事な大事なパーツです。 しかもステムがカッコいい=マシンがカッコいい、になるくらいのパーツですのでウッドストックではとても時間をかけて設計、製作しています。

おひとついかがでしょうか?



この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

Related Products関連商品

関連商品はありません。