連休後もバタバタが始まりました

GPZ1100F

連休前の納車でお預かり車両が一気に減ったので、スペースが出来て作業がしやすくなったと思いきや、連休が明けると、また徐々に入庫が増えてきまして、だんだんといつもの狭いスペースに…


エンジンを降ろしてのオーバーホール作業もあれば、前後のサスペンションのメンテナンスも多くて、たくさんの車両がジャッキアップされています。

フロントフォークも5台分も分解されていて、こちらはその内の3台。

どのフォークもなかなかのヘタリ具合で、分解して良かったと言うレベルです。

画像の一番左のインナーチューブが曲って見えるのは目の錯覚ではありません。 アウターチューブからインナーを抜くのが大変でした。


こちらはZ1000のインジェクションのセッティング。

空燃比を調整していくとパワーも上がり、内緒の変更箇所を攻めると乗り味もマイルドに扱いやすくなり、キャブレターでは出来ないようなセッティングが出来るのが面白いところですね。


ステップはありがたくもウッドストック製をご指名くださり、取付けさせていただきました。


ウッドステップと左右だしのマフラーの組み合わせがカッコイイですね。


旧車は嫌いなはずなのに、なぜだかどんどん入庫してきてしまうのが困ったところ。

上記の画像のGPz1100とは別のGPz1100は安心して遠出できるようにパーツを交換したり、各部のメンテナンスをする予定です。



こんな感じで大型連休が明けたら珍しく店内のお預かり車両が全然なくなり、もう仕事は入ってこないのかなと、心配になるくらいでしたが、日を追うごとに増えてきまして、またいつもの緊張感が復活してきました。

工場のおざおざさんも相変わらずの激務をこなしていますので、無理をし過ぎないように無理をして頑張ります。


この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

Related Products関連商品

関連商品はありません。