ステアリングステム製作

モノ作り

ステアリングステムのワンオフ製作です。

この数カ月は量産の製作が多かったウッドストック工場。 夏の連休の前になんとかこなさなければいけなかった単品の加工がたくさんありましたので、またしても寝る間を惜しんで(おざおざさんが…)、大きなアルミの材料をゴリゴリ削りまくっていました。


こちらは国産メーカーのSSマシン用にワンオフで作った一品です。

トップブリッジはたくさん肉抜きして、レーサー風味にしました。


裏側もガッツリ削り込んでいて、リブもなくしてあり、敢えて弱弱しくしています。


それに対してアンダーステムは縦横に柱を残して剛性は高く、しっかりとした仕様になりました。


こちらはとある輸入車のオートバイ用に単品で作った上下のステム。

上記のステムと比べるとフォークのクランプの位置も違って、少しすっきりとしたデザインになっています。


トップブリッジにはステアリングダンパーを取り付ける部分も一体で作っています。

アンダーステムはご覧のように、かなり分厚い材料からの削り出しで、加工前には持ち上げるも大変だったくらいに重かったアルミ材が信じられないくらいの量の削り粉になって、製品は相当に軽くなりました。

レーサーにしても、カスタムマシンにしても、製作したステムを装着しているマシンは非常にオーラが違い、誰でもくっ付けているブランドのパーツを装着するよりも個性が出てカッコイイと思います。


こちらは引き続き新型KATANAのステップです。

ブラックにアルマイトしてみましたのでご紹介させていただきます。


と、思ったのに、ブレーキペダルを少し仕様変更したので、アルマイトが間に合わず、右側はツートンになってしまいました(泣)

これからはトップブリッジとセパレートハンドルの製作を開始しますので、カッコイイKATANAの開発にご期待くださいませ。


この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

Related Products関連商品

関連商品はありません。