ワンオフ製作とパーツ開発とメンテナンス作業

モノ作り

本当にお久しぶりな更新になります。



仕事はしっかりとしていたので、ネタはたくさんあるはずなのに、逆にバタバタと作業ばかりしていて、作業中に写真を撮れていなくて、画像の面積に頼っている当ブログですので、なかなか更新に至りませんでした。


ワンオフで製作しましたZX-7RR用のトップブリッジです。

たくさん肉抜きの加工をしたおかげで、下まで筒抜けになり、ステムベアリングを覆っているシールが割れているのが見えるようになっちゃいました(泣)

しかも、この後にブレーキとクラッチのマスターシリンダを交換したら、各部に干渉してしまい、ハンドル周りのパーツを組み直しては干渉、そして分解、更に組んでは干渉、組み直し、更に細かい部品をワンオフで作ったりして、解決までに数時間も要してしまいました(大泣)

OHしたエンジンもやっと始動して、やっとやっとで、もうすぐ完成となりそうです。


新型カタナはリアのキャリパーサポートを数種類製作する予定で、採寸、図面が出来まして、これから加工していきます。


更にアンダーステムも製作するためにフロント周りは全て分解して寸法取りをしています。

アンダーステムまで取り外すにはレーシングスタンドが使えないので、こんな感じで浮かさないといけません。

ウッドストックではエンジンが付いていない車体やフロントやリアがジャッキアップしている車両がたくさんありまして、そのほとんどは何らかの形で部品が外されており、何しろ、とても狭いショップですので、それらの管理もなかなか大変となります。 


しかも、最新型のスーパースポーツから旧車まで、このようなオフロード車もたまには入庫してメンテナンスをしています。

こちらのDT125もいろんな作業を進めていますし…


こちらのトリッカーはフロントフォークのオイル漏れが発生してからのOH作業。


ウッドストックとしては、おざおざが孤軍奮闘している機械加工の方に軸足を変えようと思ってはいるものの、皆様のご要望が絶え間なくありまして、なかなか思うようには事が進まないのも悩みの種ですが、頼りにされるのもありがたいと思いながら、日々頑張っております(半泣)


この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

Related Products関連商品

関連商品はありません。