ZX-10RR、ZX-6Rレース用ステップ

ZX-10RRとZX-6Rのレース用のライディングステップです。



今シーズンの全日本選手権でRSイトウさんチームに使用していただくために製作しました。



昨シーズンに柳川 明選手に使っていただくようになってから、それまでの仕様に対して、少しずつ変更してきました。 レースではストリートと異なり、乗車するとシートが沈むスポンジではなく、硬いFRPとなり、それだけでもシート高が高くなりますので、おのずとステップ位置が高くなることが多いです。 また、耐久レース用の燃料タンクになると、容量が大きくなり、前後の長さや幅も大きくなることによっても、ポジションは変わってきますので、体格以外にもステップポジションを決める要因はたくさんあることがわかりますね。



更には、ステップワークでの荷重のかけ方も、街乗りのそれとはケタ違いの力になりますので、そのあたりの対策も施しています。



今シーズンはこのまま使ってもらえるのか、はたまた仕様変更のご依頼が来るのか、楽しみのような、恐いような…

また、今シーズンはJSB、ST600に加えて、ST1000という激戦が予想されるクラスも新設されましたので、補修パーツもたくさん用意しておかないといけない気がしています。

でもウッドストックステップはよっぽどの大きな転倒以外では、ステップバーやペダル先端のバーくらいしか壊れないことが多いので、決まったパーツだけを準備しておけば、わりと安心です。



こちらはECUの調整で入庫したZX-10RR。

こちらにもすでにウッドストックステップを装着していただいていました。

感謝、感謝です。



街乗りはABS仕様ですので、リアマスターシリンダの配置に制限があり、マスターステー部分やブレーキペダル周りの形状がレース用とは大きく異なっています。

このように、フットレストとして足を置くだけのために使う場合ではなく、特にレースなどで速く走るためのステップの役割とは、ハンドルやシートと同様に、マシンに対して前後左右に荷重をかけて操るために、とても重要なパーツでありますので、デザインや色だけで選ぶのではなく、作りそのものを、よーく吟味して選んでもらえると良いのではないかと思います。


この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

関連記事はありません。

Related Products関連商品

関連商品はありません。