CBR1000RR-R(SP) ライディングステップ取付

CBR1000RR-R

ライディングステップ

新型のCBR1000RR-R用ウッドストック ライディングステップキットの取付けに来ていただきました。


長年にわたり旧型のCBR1000RRでサーキット走行をされていた常連のお客様が満を持して最新型に乗り替え、すぐにウッドストックのステップを使っていただくことになり、製作者のおざおざと私の2人がかりで、ノーマルからウッドステップに交換しました。
ホンダらしいトリコロールカラーがカッコいいですね~


ウッドストックステップはこちらの状態まで組付けがしてありますので、ノーマルを取り外してからの交換作業はかなり簡単になっています。


ペダルの垂れ角度を調整して右側の完了となります。
って、いきなり完了しちゃいましたね。


ABSゆえにリアのマスターシリンダの移動距離がなかったり、スイングアームとの干渉を避けようとすることで、かなり設計にはとまどいましたけど、結果的には凝った造りの素敵なステップキットになりました。


左のシフト側もプレート類はここまで組付けて出荷していますので、こちらも組付けは楽々です。


シフトペダルはこんなにオフセットしていて、分厚い材料から削りまくって、この形状になっています。


何で凄いオフセットになっているかといいいますと、こちらの画像のように、ピボット部の取付位置、そしてシフトロッドの位置やペダルがフレームを避けるように後方に伸びないといけませんので、手抜き設計が許されなくなったためです。


やはり、ウッドストックらしくステップだけが目立つことなくマシン全体にしっくりと馴染む装いになっていますね。


分かる人にしか分からない部分ですけど、ベースプレートとの接続部分の面とステップバーが取付く面とマスターシリンダが取付く面がそれぞれオフセットして異なる面になっていて、とても設計やデザインに悩んだ部分です。
こうしないとステップバーが外に張り出すことが避けれなかったり、スイングアームとステッププレートに干渉を避けれなかったりしましたので、シフトペダル共々、悩んだあげくに頑張って作ったところですね。
こちらのSTD仕様のステップバーと、さらにハイグリップなステップバーの仕様もありますし、さらにさらに、可倒式のステップペダル先端バー仕様も設定していますので、皆様宜しくお願い致します。


この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

Related Products関連商品

関連商品はありません。