CBR600RR(2021)バックステップ製作

はるばる福岡県のインター様からお借りしました新型CBR600RR(2021)のレースベース車。


ウッドストックとしては数年振りのCBR600RR用のステップの開発をすることになりましたが、カウルにはウイングがくっついていたり、当たり前のようにアップ&ダウンのオートシフトスイッチが装備されていたりと、長年の歴史を感じながら各部の採寸をしました。
真っ黒のレースベースがいかつくてカッコいいですね~


かなりの時間を悩みながら図面を描いては修正を繰り返しまして、やっとこさプロトタイプの完成でございます。


レースで使用することを前提にして開発をしましたので、なるべくステップ位置は外に張り出さないようにプレートはシンプルに1枚仕様とすることにしました。 レースベース車両からの製作でしたが、ストリートでも対応したく、ABS装着車でもブレーキホースの交換の必要ないように、リアマスターシリンダはノーマルの位置のままでキープできるような設計にしています。
ですので、ステップバーとブレーキペダルは別軸ですね。


最も悩まされたのがこちらのシフトのリンク周りです。
ノーマルペダルのピボットを使おうとすると逆チェンジに出来ないし、ウォーターホースが接近していて、従来持っていたリンクの図面を使えないしで、やむを得ずリンクを取り付けるためのベースブラケットを新規で製作してピボット位置を変更する作戦にしました。 あとはこのシフト周りのレバー比を考えて設計しないとオートシフターの節度が悪くなりますので、その意味でも自由に設計できる空間が限られるというのは辛いことになります。
こちらが正チェンジパターンですね。


そして、こちらが逆チェンジパターンとなります。
気になる方がおられましたら、選択肢のひとつとして考えてみてくださいませ。
よろしくお願い致します。


この記事を気に入って頂けたらいいね!フォローをお願いします

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
  • B!B!

Related article関連記事をご覧になりたい方はタグをクリックしてください。

Related Products関連商品

関連商品はありません。